ガリバー査定評判

営業がしつこいのはどこの査定業者でも似たり寄ったり・・・でもガリバーは・・・

よく、ネットで一括査定に依頼をするとしつこい営業電話に悩まされたという話を聞きますがこれは本当です。

 

当サイトでも何度も説明していますが、査定のフォームに必要項目を入力して送信したとたんに何件もの査定業者kらひっきりなしに電話が掛かってきます。

 

これは、あなたの情報一件につき、数百円程度の情報量を一括査定のポータルサイトを運営している会社に払っているのと、やはりアポイントを取って、実際にあなたの車を査定をして買い取らないことには商売にならないからです。

 

考えてみれば当たり前といえば当たり前のことで、よく言えば商売熱心、営業熱心ともいえるわけです。(当然悪い言い方だとしつこいということになりますね。)

 

 

なるほど、では、ガリバーはなぜ巷で評判が悪いのでしょうか?

 

ガリバー査定の評判が悪い理由

 

これは、ガリバーの査定システムにあるようです。

 

ガリバーの場合、自分の車を査定してもらって、その査定額で双方納得をして契約を交わします。

 

その後、ガリバーでは買い取ったあなたの車をオークションに掛けるわけですが、その際に、車に不具合があった場合には、オークションに掛けた売り主、つまりガリバーが負担しなくてはなりません。

 

そして、それをガリバーはあなたに請求してくるのです。

 

そして、その請求をされるのが嫌ならば、前もって「クレームガード」という保険のようなシステムに加入しけば安心ですよ。というシステムで、この「クレームガード」の加入額は買い取り額や日本車、外国車によって違うのですが、概ね5,000円〜30,000円となっています。

 

ちなみに、目に見える車の塗装の不具合や凹みなどは対象外です。

 

多分他業者は、仮に不具合があっても自分で被害を蒙っていると思われます。というか後から業者に不具合が見つかったからと言って減額されたり、お金を返す必要はないわけです。

 

もう契約はすでに締結されているし、査定者の瑕疵(かし)を見つけられなかったのは相手のミスなわけですから。

 

しかし中にはわざとこのようなクレームをつけて減額したりする悪徳業者もいるわけです。

 

「ガリバー」が上記のように「クレームガード」に加入していない客にわざと難癖をつけてお金をむしり取っているということはないと思いますが、仮にこの「クレームガード」に加入しないでいて、後から、車の不具合が見つかりお金を請求されたら、いくら契約書にそのような条項があってサインをしていても騙されたと思ってしまうのは客の心情としては当然だと思います。

 

もし、ガリバーに査定をするなら「クレームガード」には加入しておいた方が良さそうですね。

 

「クレームガード」に加入するお金が勿体ない場合には「クレームガード」に加入するからその分査定額を上乗せしてもらうように交渉します。
そうでなければ、他社よりも査定額が高いという場合でなければ他業者に買い取ってもらいます。

 

いろんなシステムがあるんですね。

 

システムといえば、当サイトが推奨しているのは、個人情報を入力することなくメールで車の査定が出来るという新しいシステムです。

 

車を査定したい・・・というひとは是非チェックしてみてください。

 

 

車査定は個人情報不要のサイトで依頼すべし!