車 査定金額 車検 残存期間

車検は残っていた方が査定額が高くなるの?

これは、どれだけ車検の残存期間が残っているかによるところが大きいです。

 

ザックリ言ってしまうと、(参考程度に)

 

車検の残存期間が1年以上あればプラス査定になるけど、1年未満だとプラス査定になることはなく、残存期間が2〜3カ月の場合には、マイナス査定になってしまう場合が多い。

 

という感じです。

 

ポイントは、車を査定する前に車検を通したからといって車検費用以上の額の査定は絶対に付かないということです。

 

なので、わざわざ車検を通す必要はありませんからご注意くださいね。

 

損しちゃいますからね。

 

 

車検切れでも買い取ってもらえるの?

 

当然車種にもよりますが、車検切れだから査定の対象にならないということはありません。

 

下手に2〜3か月残っているよりもむしろ車検切れの場合の方が、業者も手間がかからずしかも安い料金で車検を通して新しいお客さんに売り渡すことが出来るのでむしろ車検切れの方が歓迎されます。

 

 

まとめ

  • 車検は1年以上残っている場合には価値があるが、それ以下の場合にはほとんど意味がない。
  • わざわざ車検を通して売ることも意味がない。
  • 車検が残っていなくても査定額にはあまり関係がない。

 

あなたの車が今いくらで売れるのかを一発検索