ローン中の車の査定

ローン中でも車の査定〜売却は可能です。

車の査定

 

今乗っている車のローンが残っているけど売れるんだろうか?

 

査定はしてもらえるの?

 

答えは 「査定もしてもらえるし、売ることも出来ます。

 

 

では、ローンが残っている(ローン中)の車の査定〜売却までの流れとしくみを簡単に説明します。

 

ローン中の車の査定〜売却までの流れとしくみ

 

まず、査定は、普通に依頼して頂いて結構です。

 

その際に、

  1. 街中にある査定業者へ車を持って行き査定してもらう。その際にローン中(残債がある)旨を査定業に伝える。
  2.  

  3. ネットの一括査定に依頼。(備考欄にローン中(残債がある)旨を書いておく。
  4.  

  5. ディーラーで新しい車を購入する際に、ローン中(残債がある)旨を伝えて相談する。

 

 

ただし、上記の中の3.の「下取り」は買取金額のことを考えると一番安いのであまりお勧めしません。

 

なので、この記事の中では、1.と2.の場合を想定して話を進めて行きます。

 

1.でも2.の場合でもそうですが、しくみとしては同じです。

 

ローンの残債があるうちは車の所有者はローン会社になっていますのでそのままではあなたの意志だけでは売買は出来ないわけです。

 

あなたの意志で車を売買できるようにするためには残債を返済して、所有権をあなたに変更する必要があります。

 

そのために査定業者は、いくつかの方法を用意していますのでご心配なく。

 

1.査定額がローン中のローン残債額を上回る場合。

 

この場合には、査定業者がローンの残債額をローン会社にあなたに代わって支払い、残債額をゼロにして車の所有権をあなたにしてから、査定⇒買取を進める形となります。

 

 

2.査定額が残債を下回る場合。

 

例えば、あなたが売ろうとしている車の査定額が100万円で、ローンの残債が120万円だとします。その場合、ローンの残債を精算してゼロにするには20万円足りずません。

 

その場合には、2通りの方法が考えられます。

 

a.あなたが自分で足りない分の20万円を用意する。

 

b.査定業者が扱っている会社で新たに20万円のローンを組む。

 

 

ということです。(こう考えると世の中、上手くできていますねw)

 

 

まとめ

現在乗っている車がローン中であっても車の査定は出来るし、売ろうと思えば売れるということです。

 

 

下取りに出すのは、安くなってしまうのでやめたほうがいいです。

 

それからネットでの一括査定も、楽ですが、個人情報の問題やしつこい電話がたくさん掛かってくるのであまりお勧めはしません。

 

ネットで車の査定をするなら、メールのみでやり取りができる下記のような査定業者をオススメします。

 

 

車査定は個人情報非公開、メールのみでやり取りできるこちらがオススメ!